Invisible Music α #1

Todd Rundgren×Nick Decaro×秋山一将

今回は公約どおり、一週間のご無沙汰で・・・
とにもかくにもこれですよ!
b0142261_1713790.jpg

Runt. The Ballad of Todd Rundgren
収録曲:1 Long Flowing Robe  2 The Ballad (Denny & Jean)
     3 Bleeding  4 Wailing Wall  5 The Range War
     6 Chain Letter  7 A Long Time, A Long Way To Go
     8 Boat On The Charles  9 Be Nice To Me
    10 Hope I'm Around  11 Parole  12 Remember Me
トッド・ラングレンの71年発表セカンド・アルバム。
ピアノに向かって首吊りしてるシュールなジャケットがいけなかったのか、
全世界で1万5千枚(当時)しか売れず、ドッドのキャリアの中で
最も売れなかったアルバム。
因みにジャケットのデザインを手がけたのはスパークスのロン・メイル。
スパークスは、トッドが自らプロデューズし、自身が所属するベアズビル・レーベル
からデビューさせたグループ。当初はハーフネルソンと名乗っていたがこんな
プロレス技がバンド名では売れないといってレコード会社がスパークスと改名。
同レーベルで2枚のアルバムをリリースしたのち、イギリスに渡り名門アイランド
レーベルと契約し「KIMONO MY HOUSE」等のヒット作を出している。

で、内容はといいますとポップかつソリッドなサウンドと、タイトルどおりの
これぞトッド・ラングレンのバラード傑作集といった感じで実に素晴らしい。

そんな中でも、M-4 Wailing Wallは、特に好きな1曲なのですが、
Nick Decaroが、74年のアルバムItalian Graffitiでカヴァーしている
ことでもご存知の方も少なくないのでは?
b0142261_17252599.jpg

その上この方までカヴァーしていたりして・・・
b0142261_17271347.jpg
詳しくはココ

Runtとは小動物、発育不良の小さな子、チビといった意味で使われる言葉で、
パンクの女王?パティー・スミスがトッドにつけた愛称と言われている。

三者三様のこの名曲、秋の夜長にしみじみ聞き比べてみるのも、また一興。

tevt by TASCA-T

TASCA TOPへ
[PR]
by tascatasca | 2008-10-08 17:36 | Invisivle Music α