第16章 ~DIG MY STYLE復活目前?~

            「DIG MY STYLE / 秋山一将」絶賛発売中!!
b0142261_201418100.jpg

さて、いよいよココからが本題である。
以前頓挫した「DIG MY STYLE CD化」計画のTASCAによる再スタート。
こちらの器が出来たところで、改めて、ビクターとの交渉を始めようとしたある日、
思いがけない人物から1本の電話が、
「もしもし、ご無沙汰してます。星加ですが・・・」 (以下H)

「どうもご無沙汰してます。」(TASCA-T以下T)

H:「あのぉ~、以前あなたがDIG MY STYLEのレコードを貸したっていうビクターの
  ディレクターのKくん(第10章で登場した方)憶えてるでしょう?」

T:「ええ。憶えてますけど・・・」

H:「実は彼のところでボサノバのコンピレーション盤を企画して出す予定なんだけど、
  その中に例の秋山君のDIG MY STYLEに入ってる「Keep on Loving」っていう曲
  を収録したいと思ってて・・・。
  ところが僕があのアルバムを誰かに貸したまま行方知れずでね・・・。
  悪いんですが、Kくん同様また貸してもらえないでしょうか?」

T:「ええ。構いませんよ。」

H:「ありがとう。ところで例のあなたの再発の計画はどうですか?」

T:「はい。実はそのことでご連絡しようと思ってたんです。ちょっと当初の計画から
  二転三転したんですけど・・・」

H:「そうですか。Kくんのところで過去の作品を紙ジャケットで色々再発してるから、
  ビクターからリリースすることも含めて考えてみませんか?」

T:そうですね。近々お会いしてご相談できないでしょうか?」

H:「わかりました。今度Kくんと会うから相談してみて、3人出会いましょう。彼の都合も
  含めて調整したら連絡しますよ。」

T:「はい。よろしくお願いします。」

数日後、星加氏より連絡をもらい、第10章で登場したビクターのディレクターK氏
とのミーティングに臨む。

果たして今度はミッションコンプリート出来るのだろうか?

次回、第17章(恐らく最終章)でまたお会いしましょう。

text by TASCA-T


TASCA TOPへ
[PR]
by tascatasca | 2009-05-10 20:25 | DIG MY STYLE