スタッフオススメ情報


by tascatasca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

DIG MY STYLE 第11章~しばし沈黙、そして・・・~

            「DOG MY STYLE / 秋山一将」絶賛発売中!!
b0142261_1724122.jpg

前回、ご紹介したビクターのコンピレーション盤が発売された直後、「秋山一将」と会い、「とうとう手に入れたらしいね?僕のレコード。」「ええ、お蔭様で、2枚とも家の近くで・・・」
などという会話を交わした後、自分は父親の経営するライヴハウスを辞めて、かつて仕事上でお世話になった知り合いの音楽関係の会社に再就職することを打ち明ける。

A「えっ、辞めちゃうって事?ライヴハウスを?」
T「ええ。」
A「何で?また?」
T「一つは、父親の経営するところで働いて給料を貰ってるってことは、すなわち共食いで
 すから、この不況の折、まずは自分の収入をちゃんと得て生活を安定させるという目的
 がひとつ。それから、ライヴハウスは嫌いじゃないし、自分のやりたいこととも遠からずな
 んですが、どうしても「ジャズ」というジャンル限定という枠に縛られてしまうことと、かつ
 て自分が勤めていた会社に比べれば、やはり外部との接触も少ないし、いろんな情報
 が入ってこない。この辺でまた違う環境に身を置いてみたいなぁと・・・」
A「う~ん。で一体何やるの?」
T「秋山さんは、『DIG MY STYLE』をCDにして再発したくないですか?」
A「そりゃぁ、したいよ!自分のデビューアルバムだし、自分でも良い作品だと思ってるか
 らね。ただ、どうやってそれをしたらいいか自分じゃわからないし、ビクターに頼むって
 いったって、担当だった星加さんも今どうしてるかわからないしね。」
T「僕はね、秋山さんの作品とか、内容的には素晴らしいのにどういうわけか埋もれてしま
 っている不遇な運命の作品を自分が知っているものも他人から推薦されたものも含め
 て、復刻したいっていう小さな野望がありましてね。そもそも大学を出て勤めた会社で
 やってたことと直結する事ですし、やっぱりそういう事がしたいんですよ。そのためにも
 環境を変えたいんですよ。」
A「そうかぁ。ただ、俺はあなたがお宅のライヴハウスにいなくなるのはちょっと困るんだけ
 どね。話のわかる人が一人減るってことだしね。まぁ、こういう言い方はあなたのお父さ
 んには失礼だけど、あなたはライヴハウスのオヤジに落ち着くっていう感じじゃないとは
 思ってたよ。何となくだけど、レコード会社の社長とかになるような・・・」
T「社長は大袈裟ですね。実際無理だと思うし。」
A「そうかなぁ?で、いつから?実際そんなこと出来るわけ?その会社。」
T「勤めるのはわりと直ぐです。ただ、その会社が提携しているある地方放送局の東京支
 社に最低1年は行かないといけないんですよ。」
A「どういうこと?」
T「つまり、出向。いや、資本関係がないから出向じゃないな、派遣かな?期限付きレンタ
 ル移籍みたいなもんです。もしかしたら1年以上かもしれません。その間は多分、全く
 着手できないでしょうね。ただ、これもお勉強だと思っています。それにある物を手に入
 れるために越えたい壁があったとして、それを壊して直進しようと必至になってるより、
 ちょっと横からぐるっと廻ったら、意外と簡単に目的地に行けた。なんてこともあるんじゃ
 ないかと・・・」
A「良くわかんないけど、きっと考えがあってあなたが決めたことだから・・・」

そのとき「秋山一将」は何とも複雑な表情をしていた。

その後、1年が経過し、まさかの半年間の契約延長。しかし、延長もここまでだろうと終わりが見えた頃、前回登場したディレクターとはまた別の、かつてお世話になったビクターのプロデューサーのもとを訪ねる。勿論、放送局の営業目的で。
仕事の話が済んでから、雑談しているときにある人物について尋ねてみた。

T「星加さんという方はまだ会社にいらっしゃるんでしょうか?どんな方ですか?」
P「もう辞めてるけど・・・、また何で?」

という訳で、「秋山一将」のデビュー盤の再発がしたくて、担当プロデューサーだった星加氏に会っていろいろ話を聞いてみたいという旨伝えると、

P「星加はね、前に僕が住んでたマンションの部屋にその後入ったの。だから連絡とれる
 し、酒呑もうって言えば直ぐ出てくると思うよ(笑)。もし本当に会いたいならセッティング
 するけど・・・」
T「是非に・・・」

というわけで、後日そのプロデューサーからメールが届く
「星加くんとの面談の日取りですが○日か、もしくは○日はどうですか?」

面談て?スーツ着てネクタイして、履歴書でも持っていかないと会ってくれないのかしら?

text by TASCA-T

次回、第12章・・・ いよいよ星加 哲氏と対面? また、お会いしましょう。

TASCA TOPへ
[PR]
by tascatasca | 2009-01-29 17:40 | DIG MY STYLE