スタッフオススメ情報


by tascatasca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

最近のワタクシ

このところ、何をやってもパッとせず。

そうとうバイオリズムが低下しているであろうことは

自覚症状として感じていたところではあったものの

自分では努めて平静を装っていたつもりだったが、

本日、突然、父親から携帯に電話が入る

「大した用じゃないんだが、最近よくため息をついていたし
仕事が忙しいとかいう感じとはまた違って、何か様子が変だったように思ったから
何かトラブルにでも巻き込まれてるんじゃないのかと思ってさ」

ちょっと驚きの内容の電話であったが、別にトラブルなどはない。

ただただあらゆることへのモチベーションが低下していたことだけは事実だが・・・


しかし、恐ろしい話であります。いくら自分じゃ普通にしてるつもりでも

家族っていうのは、察してしまうものなんだなぁと・・・

愚痴を書いてる暇があったら、さっさと「DIG MY STYLE」の続きでも

書けばいいんでしょうが、ネガティヴ光線が大量に放出されている状態では

きっと良い記事にはならないだろうと見送ってきたものの

父親からの1本の電話で我に帰るというお粗末な最近のワタクシでございました。

by TASCA-T
[PR]
by tascatasca | 2009-05-26 16:03 | スタッフのつぶやき
            「DIG MY STYLE / 秋山一将」絶賛発売中!!
b0142261_201418100.jpg

さて、いよいよココからが本題である。
以前頓挫した「DIG MY STYLE CD化」計画のTASCAによる再スタート。
こちらの器が出来たところで、改めて、ビクターとの交渉を始めようとしたある日、
思いがけない人物から1本の電話が、
「もしもし、ご無沙汰してます。星加ですが・・・」 (以下H)

「どうもご無沙汰してます。」(TASCA-T以下T)

H:「あのぉ~、以前あなたがDIG MY STYLEのレコードを貸したっていうビクターの
  ディレクターのKくん(第10章で登場した方)憶えてるでしょう?」

T:「ええ。憶えてますけど・・・」

H:「実は彼のところでボサノバのコンピレーション盤を企画して出す予定なんだけど、
  その中に例の秋山君のDIG MY STYLEに入ってる「Keep on Loving」っていう曲
  を収録したいと思ってて・・・。
  ところが僕があのアルバムを誰かに貸したまま行方知れずでね・・・。
  悪いんですが、Kくん同様また貸してもらえないでしょうか?」

T:「ええ。構いませんよ。」

H:「ありがとう。ところで例のあなたの再発の計画はどうですか?」

T:「はい。実はそのことでご連絡しようと思ってたんです。ちょっと当初の計画から
  二転三転したんですけど・・・」

H:「そうですか。Kくんのところで過去の作品を紙ジャケットで色々再発してるから、
  ビクターからリリースすることも含めて考えてみませんか?」

T:そうですね。近々お会いしてご相談できないでしょうか?」

H:「わかりました。今度Kくんと会うから相談してみて、3人出会いましょう。彼の都合も
  含めて調整したら連絡しますよ。」

T:「はい。よろしくお願いします。」

数日後、星加氏より連絡をもらい、第10章で登場したビクターのディレクターK氏
とのミーティングに臨む。

果たして今度はミッションコンプリート出来るのだろうか?

次回、第17章(恐らく最終章)でまたお会いしましょう。

text by TASCA-T


TASCA TOPへ
[PR]
by tascatasca | 2009-05-10 20:25 | DIG MY STYLE