スタッフオススメ情報


by tascatasca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:スタッフオススメの店( 5 )

b0142261_1865114.jpg
今回ご紹介するのは、新宿サブナード・レストラン街にあるチェーン店ながらあなどれない中華の店。
餃子屋台の名の通り、餃子の種類は確かに多い。TASCA的には野菜餃子がオススメ。
僕は夜しか入ったことがないのだが、常連のTASCA-Kによれば
お昼は相当賑わっているとか・・・
僕らは「レバニラ」とか「モヤシ炒め」的な結構当たり前のメニューばかりせめているが
メニューはかなり豊富なのでいろいろとお試しいただきたい。
b0142261_18191611.jpg
b0142261_18192736.jpg

入り口が2箇所あるので戸惑うかもしれないが、店内に入ると
イカすラクダのオブジェと気が利く店長の長瀬さんがお出迎えしてくれる。
b0142261_18235461.jpg
b0142261_18241030.jpg
長瀬店長曰く、看板娘のホウ・ゲッセンさんも笑顔で迎えてくれるに違いない!
b0142261_18323497.jpg
兎に角、店長をはじめ、スタッフがよく気がつく店という印象が強い。
どうせ食事をするなら、またあそこへ行って見ようかな・・・
と思わせてくれる数少ない飲食店の1つだ。

「餃子屋台新宿店」
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1 サブナード地下街
TEL & FAX 03-3358-5225
営業時間 11:00~23:00(ラスト・オーダー / 22:15)
定休日 基本的に無休(サブナードに準ずる)
詳しい場所はサブナードHP

新宿で働いているけど、お昼を食べるところに困っている方や
夜、一杯やりながら食事をするところをお探しの方は
一度入ってみては如何だろうか・・・    text by TASCA-T

TASCA TOPへ
[PR]
by tascatasca | 2008-11-21 18:51 | スタッフオススメの店
惜しまれつつもさようなら・・・

b0142261_15514725.jpg

東京は上野に1986年(昭和61年)10月に産声をあげた
JAZZのLIVE SPOT G・H nine
この10月で23年目に突入するのを目前に
8月末をもって休業という残念なお知らせが
我々に飛び込んできたのはつい最近のこと。
b0142261_15524644.jpg

b0142261_15533058.jpg

b0142261_15542977.jpg

地上9階からの展望。全体が大理石と鏡で彩られた店内。
手を伸ばせば、演奏中のミュージシャンに手が届きそうな
ステージかぶりつきのカウンター席。
まるでSF映画に出てきそうな、吹き抜けの10階席。

全てが新しかった。
いわゆるライヴハウスが、建物の1階だったり、
地下にあるアングラなイメージを一新していた。

ビルの9階だとなかなか入りづらいという人もいた。
ちょっと高級感が漂っていて敷居が高いという人もいた。
もっと歴史のある、そして今なおその歴史を刻み続ける
JAZZの名店は日本全国に沢山あるだろう。
22年というその歴史が長かったのか短かったのか?
そんなことは一概に言えることではない。
しかしながら、80年代後期から90年代にかけて、
当時のJAZZシーンをリードしていた第一線のミュージシャンが
あれほどひと月のスケジュールに一堂に名をつらねていた
ライヴハウスはそうそうないのではないだろうか?

98年には、あの「ルパン三世」TVスペシャル
「炎の記憶~TOKYO CRISIS~」でルパンと不二子が
打ち合わせをする場面に実名とともにその店内が
そっくりそのまま登場し、しかもステージでは
「大野雄二TRIO」が演奏をしているという1シーンにもなった。
そのとき録音されたJAZZアレンジの数曲に+αで、後に
メインテーマなどが更にJAZZアレンジで追加録音されたことが、
一時期好評を博した「大野雄二TORIO」の「LUPIN THE THIRD JAZZ」
シリーズの始まりとも言われている。
b0142261_15554276.jpg


時は流れ、時代は代わり21世紀へ、
残念ながらエバーグリーンにはなり得なかった名店の
クローズまでのカウントダウンが始まってしまった。
当たり前のことだが、世界にたった1つしかない、
この空間で、その時、その瞬間しか味わえない音と空気を
味わえるチャンスはあと僅か・・・

今一度、足を運んでみてはいかがだろうか?

photo by TASCA-K
text by TASCA-T

G・H nine ホームページへ


TASCA TOPページへ
[PR]
by tascatasca | 2008-07-24 17:00 | スタッフオススメの店
以前ご紹介した「JAZZ SPOT Step!」に続き、またまた神田の名店をご紹介いたします。
b0142261_12535161.jpg

各地に同名のとんかつ屋さんが存在しますが、こちらが正真正銘、
創業60年という歴史の刻まれた「大和」本店。
店主の長谷川正明さんは、馴染のお客さんからは「長谷ちゃん」で通っていますが、
漢(オトコ)長谷川正明という感じの方で、見た目もかなりのド迫力です。
でもまだ写真はお見せ出来ません。

店内はというと、

b0142261_12552875.jpg

1階はこんな感じでカウンターがあり、テーブルは2卓。2階にはお座敷があり、
宴会も出来ます。「昭和の残像」の方でご紹介しても良さそうなレトロ感が漂っています。
そしてメニューはといいますと

b0142261_1255446.jpg

ロースとヒレを巧にスペースを駆使して「ヒ レ」にしてあったり、ポークソテーのポークのみ
半角にして文字列を揃えようとするあたり、タダモノデハナイ何かを感じます。
そしてこの日いただいたのは、

b0142261_12555525.jpg

ロースかつ(写真左) あーんど メンチかつ(写真右)。
テーブルに置いてあるソースは、キャベツにしかかけちゃダメですから、とんかつソース
は別に小皿に入れて出してくれます。それをつけていただくわけなんですが、
長谷川さんは、その豪快な外見とは裏腹に作る料理は繊細で兎に角美味いですから、
1度とは言わず何度も食べに行ってください。そのうち武勇伝が聞けるかもしれませんよ。

で、どういう方かと申しますとズバリこの人ですよ!

b0142261_1256613.jpg

長谷川さんは、かつてはダクションで、ジャーマネやってて、
その業界では相当ブイブイイワシチャッテた人なんですから!
きっと今でもパイオツカイデーとかシーアソイホーなチャンネーが
大好きに違いありません。


JR神田駅南口を出て横断歩道を渡って、日銀通りを日本橋方面に進み、
4つめの細い路地(角がラーメン屋)を左に曲がると右手に看板が見えます。
(JR神田駅より徒歩2分)

とんかつ大和(創業60年)
住所:中央区日本橋室町4-2-6
電話:03-3241-2061
営業時間:11:00~14:00 17:00~21:00
休業日:土・日・祭

すぐ近所の鍛冶町にある「とんかつ大和」は、長谷川さんの
ご兄弟がやられているお店です。お間違いなく。
     
Photo by TASCA-K
text by TASCA-T & TASCA-K


TASCA TOP ページへ
[PR]
by tascatasca | 2008-07-09 13:11 | スタッフオススメの店
b0142261_1155643.jpg



東京は神田にある大人の雰囲気たっぷりのこのお店は秋山一将ロングインタビュー
の取材の際にもお世話になった「JAZZ SPOT Step!」。
もともと設計事務所で働いていたオーナーの伊藤さんが脱サラして8年前に
オープンした、酒とJAZZとオーディーオが好きな伊藤さんこだわりのお店です。

写真を見ていただくと、相当頑固そうなオヤジに見える伊藤さんですが、
見たまんまの頑固オヤジです。
普段はチョット見た目が怖いだけですが、
一緒に酒を飲んで、酔っ払うと最悪な伊藤さん。
酒が回り始めると口をとんがらかして喋る伊藤さん。
更に酒の量が増すとべらんめぇ調になって絡んでくる伊藤さん。
散々口論した挙句、
「ばかやろうっ!」とお互い罵声を浴びせあって別れること数知れず・・・

でも、そんな酒と音楽(JAZZ)をこよなく愛する伊藤さんが手塩にかけたこのお店が
大好きです。僕は・・・(もちろん伊藤さんも)

ウヰスキーとJAZZのレコードとCDに囲まれたこのお店で、好きな音楽をリクエストしたり、
自分で持ち込んだレコードをかけてもらいながら、美味しいお酒と料理を楽しんでみては
いかがでしょうか?
月に一度、ライヴも演っているので、是非、足を運んでみてください。

photo by TASCA-K
text by TASCA-T

JAZZ SPOT Step!

東京都千代田区神田鍛冶町
3-5-4 合板会館 B1F
TEL 03-3251-0722

TASCA TOPページへ
[PR]
by tascatasca | 2008-06-24 12:25 | スタッフオススメの店
b0142261_16215925.jpg


b0142261_16224459.jpg


カフェっぽいポップな内装と、こだわりの中華粥が同居した
とってもフュージョンなこのお店は、
2005年6月に外苑前にオープンした「粥 喜々」。

メインの粥、中華平打ち麺に加え、大蒜を一切使わず、
皮も、タレも自家製の焼き餃子「満月」や、「焼きたてそら豆」、
「ネギチャンジャ」、「豚トロ薫製あぶり焼き」etc.
化学調味料などは一切使わない身体に優しい料理と
カフェ風なポップな雰囲気は、我々のような飲兵衛はもとより、
女性同士でも気軽に楽しめること間違いなし。

更にオーナーの佐々木さんや、共同経営者の小暮さんをはじめ、
元々音楽関係者や、現役ミュージシャンたちが多く働いていることもあり、
音にはチョットこだわりのあるTASCAスタッフも「おっ、これはっ!」と、
思わず箸を止めて耳を傾けてしまうBGMも楽しみの一つだ。
店内に飾られたCDの数々や、さりげなく置かれている楽器からも、
音へのこだわりを感じるこのお店、業界人の憩いの場でもあるようだ。
百聞は一見にしかず・・・
兎に角一度訪れてみて欲しい。

text by TASCA-T

味と音が楽しめるポップな「喜々」オーナーの
佐々木洋介さんオススメのCDはコチラ


粥 喜々
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-6-6
秀和外苑レジデンス101
TEL&FAX 03-5474-6691
営業時間 11:30-15:00 / 18:30-23:30
日曜祝日定休

TASCA TOPページへ
[PR]
by tascatasca | 2008-06-09 10:00 | スタッフオススメの店