スタッフオススメ情報


by tascatasca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

終劇

担当していた、とある地方FM局の番組が終了した。

2年半続いた番組だった。

パーソナリティーの女性二人は

その前に担当していた番組の1年半も含めると

実に4年間、同FM局のパーソナリティーをつとめたことになる。

こんな自分の思いつきに、大して文句を言うこともなく

よく4年も付き合ってくれたものだと思う。

二人には心からお疲れ様と言いたい。

そして、何より番組を聴いてくれた人々に

心からお礼を申し上げたい。

番組作りにはいくつかのセオリーはあったとしても

これが正解などという方法論は、おそらくないのだろうと思う。

聴き手は賛否両論あったに違いない。

そういうものだと思う。

自分にできることと言えば

ラジオの向こう側の反応を想像しながらも

ただただ、自分たちが面白いと思うことを発信し続けることだろう。

自分たちは面白いと思うが、皆さんは如何ですか・・・?

という投げかけをし続けることくらいしか出来ないのだろうと思う。

聴き手と同じ目線にも、上からにも、下からにもなり過ぎず、

常にちょっと斜めから様子をうかがっている・・・

自分としては、そんなスタンスを貫きたいのである。

某企業CMの入らない放送局のように

視聴者の意思にかかわらず、国民から料金を徴収するわけではないから

聴くも聴かぬも、受け取り手の自由である。

面白くないと感じたら、聴く人間が減る。

文字にしてしまえば、恐ろしくシンプルなのだが・・・



恐らく自分は、まだもう少しの間はラジオ番組を作るのだろう。

きっと同じように自分にできることを

もうしばらくは続けていくのだろうと思う。


by TASCA-T
[PR]
by tascatasca | 2015-09-26 04:42 | スタッフのつぶやき