スタッフオススメ情報


by tascatasca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

DIG MY STYLE 第4章~僕の選んだメンバーじゃない~

            「DIG MY STYLE / 秋山一将」絶賛発売中!!
b0142261_1872537.jpg

「悪の秘密組織」の一員として父親の経営するライヴハウスで働きはじめ、出演するミュージシャンとも徐々に顔なじみになってきていた僕は、ブッキングの一部を担当するようになる。
そのころになると「秋山一将」という一人の出演者と会えば笑顔で挨拶を交わし、シェイクハンドするくらいにはなっていた。
オープン当初より長きに亘って行われてきたブッキングとは、リーダーとなるミュージシャンに連絡し、形態がトリオなのかカルテットなのか?メンバーは誰なのか?全てリーダーに任せて決めてゆくというのが通常となっていた。
別にそれが悪いとは思わなかったが、毎日聴いていると、ベテラン、若手問わず個々に気になるプレイヤーというのが当然出てくるわけである。そうすると自ずとあの楽器はこの人で、あの楽器はこの人etc.という組合せで演奏したらどうなるんだろう?という至って素人考えな興味が湧いてきて、どうしても己の頭の中で構築されてしまった組合せを実践してみたくなる。
でも一体こんなこと誰が引き受けてくれるだろうか?まず誰に頼んでみようか?と考えた時、最初に思い浮かんだ名前が「秋山一将」だった。数日後、会えば挨拶こそするものの、ろくに話したこともない「秋山一将」という人に無謀にも電話をかける。

TASCA-T(以下T)
「あの、秋山さんですか?○月のブッキングの件でお電話したんですが・・・」
秋山一将(以下A)
「あぁ、どうも。○月ならまだそんなに予定詰まってないから日にちを言ってもらえば・・・。
トリオにします?4人でやっていいなら一人管楽器を入れたいんだけど・・・。」
T「ええ、実は今日お電話したのは、秋山さんのリーダー・バンドのお願いじゃないん
  です。秋山さんに僕の選んだメンバーとセッションしてもらいたいんですが・・・。」
A「・・・僕のリーダーバンドじゃダメですか?・・・クビってことなんでしょうか?」
T「いいえ、そういうことじゃないんです。レギュラーでお願いしている秋山さんのリーダー
  バンドに関してはいつも電話してる人間から、また連絡が行くと思います。それとは全
  く別の新たな試みで、普段一緒に演らない人とセッションしてもらいたいんです。
  勿論メンバーにもよると思いますから、ご相談できないかと・・・」
A「そういうことですか・・・。因みに誰と演れっていうの?」
T「ピアノは佐藤丈青さん。ベースは坂井紅介さん。ドラムが井上功一さんというメンバー
  でお願いできないかと・・・」
A「紅介と井上は勿論知ってるけど、ピアノの人は知らないなぁ。
  誰と演ってる人ですか?」
T「オマ鈴(鈴木勲)さんのバンドで弾いてる若いピアニストです。」
A「へぇ。オマさんとこの。それで他の人達は何て言ってるの?」
T「いいえ。まだ連絡してません。まず秋山さんに意見を聞いてみようと思って・・・
  皆さんの意見もスケジュールもこれからです。無理にお願いしようというものではない
  んです。ただ、普段と違うこともやってみたいというこちらのワガママです。」
A「まるほど・・・。他の人がいいなら僕はかまいませんよ。」
T「ありがとうございます。それでは他のメンバーの方に確認が取れたら連絡しますので、
  可能な日程をいくつか候補でいただけませんか?」
A「はい。じゃぁ○日と○日あたりでどうでしょう?」
T「わかりました。では、改めてご連絡します。」
A「はい。それじゃぁ。」

実に坦々としたやりとりであった。程なく他のメンバー(4人4様だがほぼ同じようなやりとりだった)の確認も取れたが、ドラムの井上功一さんのみスケジュールがあわず、結局セシル・モンローさんにお願いした。セシルさんは日本語が喋れるのは知っていたが、彼に連絡する時が一番緊張していた。電話すると案の定、英語で喋り始めたが「もしもし。もしもし。」を連発してコチラがニッポンジンであることを猛アピールしたことはいうまでもない。
兎にも角にもメンバー4人が決り、当日がやって来た。
ステージでフロントに位置する事実上のセッション・リーダー「秋山一将」の口から放た
れた「皆さん。ようこそいらっしゃいました。今日は僕の選んだメンバーじゃないので
どういうことになるか判りませんが、お店の企画で集められたメンバーでお送りします。
メンバーを紹介します。ピアノはええと名前なんだっけ?ああ、佐藤丈青。
ベース坂井紅介。ドラム、セシル・モンロー。兎に角何か演ります。」
という第一声で緊張の1stステージは幕を開けた・・・         text by TASCA-T

次回、第5章~最悪の結末?~ でまたお会いしましょう・・・

TASCA TOPへ
[PR]
by tascatasca | 2008-12-16 18:34 | DIG MY STYLE